カテゴリー別アーカイブ: 健康

ユーグレナ(ミドリムシ)は栄養の宝庫

ユーグレナとは和名で「ミドリムシ」のことをいい、ミドリムシ綱ミドリムシ目に属する0.05mmほどの単細胞生物で池や水田などの淡水に生息しています。

生物分類学上、植物としては藻ですが、動物としては原生動物に属する、世界で唯一、植物にも動物にも分類される生物なのです。

この両方に属する理由としては、葉緑体があり、光合成を行うことができる植物としての特徴を持ちながら、鞭毛運動をする動物的性質も併せもっているためです。

このミドリムシが、現代の栄養不足・世界の食糧危機・環境問題を解決できるスーパーな生き物ということで注目され始めているのです。

この世界で唯一植物・動物に属するため、ユーグレナは本当に栄養の宝庫なんです。

含まれている栄養素はなんと50種類以上で、ビタミンやミネラル、DHA、また人間が合成できない必須アミノ酸8種類などです。

そして、ユーグレナにしか含まれていないパラミロンなど50種類以上の栄養素があるという研究結果が出ているのです。凄いですね!!!

しかも、しユーグレナは細胞壁をもたないために、植物のもつ栄養素をほぼ100%に近い状態(93.1%)で吸収することができるのです。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリで【アンチエイジング】

体臭の原因

■臭いのもとは汗と皮脂と雑菌です。
皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、時間が経って皮膚常在菌が作用することにより、これらに含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイのするガス(揮発性成分)を発するようになるのです。このため、汗をかいた後、汗臭くなるのです。
特に、日頃から汗をかかない生活を続けていると、汗がベタベタになり雑菌が繁殖しやすくなり、いわゆる「汗臭い」状態になります。また、ストレスも、活性酸素を発生させやすいので、過酸化脂質をつくり それが臭い物質を発生させる原因となります。
■体の洗い過ぎ
人間の体は洗い落とされた脂分を補なうべく、過剰に皮脂を分泌するため、それが匂いや体臭の原因となります。例えば、体がベトベトしているからといって、ボディータオル等で身体を洗う時に強くこすったり、洗浄力の強いボディーソープなどを使ったりすると、身体に必要な皮脂が奪われて肌が乾燥してしまい、体臭がキツくなってしまう原因となってしまいます。
■疲労の溜まり
健康な状態で出る汗と、疲労した時の汗とでは、汗の成分が変化します。分泌物は汗だけではなく皮脂などもあります。これらの分泌物の成分が疲労すると変化するのです。
すなわち、疲れが溜まっていると肝機能が弱まり、血液中のアンモニア量が増えてしまい、それによって、皮膚からアンモニア臭が発生しることがあります。これを「疲労臭」と言い、体から、臭いを放ちます。
■肉中心の食生活
日本人の食生活は、野菜中心の食生活から欧米化し肉食中心となったことで、日本人は体臭が強くなったと言われています。
脂質の多い食生活を続けていると、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり体臭が強まるのです。

「いい快互服ドットコム」で体臭の悩みを解消♪

糖尿病とは

糖尿病とは、簡単に言うと糖が尿に流れ出てしまう病気です。
糖分は人間の体にとって必要不可欠な物です。食事をすると、食物の中に含まれている糖質を摂り入れるため、血糖値は高くなりますが、運動などによりブドウ糖がエネルギーとして消費されると血糖値は低くなります。
この糖質は、胃や腸で消化・分解・吸収されることにより、ブドウ糖として血液中に放出されます。

そして、ブドウ糖はインスリンというホルモンの一種の助けを得て、体内の各細胞に入っていくことによって、細胞は栄養を得て元気になり、体の健康が維持されます。
健康な人の場合だと、血糖値は「インスリン」やインスリンと逆の働きをもつホルモンのバランスによって、一定の範囲内にコントロールされているため、食事や運動をしても血糖値が極端に変動することはありません。
健康な人は、食事前の最も低いときで70mg/dl、食後の最も高いときでも130mg/dlくらいになり、大体この範囲の中で変動しています。
ところが、血糖値の高い人は、食事前でも130mg/dl、食後では200mg/dlくらいになります。重症になると、空腹時でも、200mg/dl、食後は300mg/dlを超える人もいます。
このように、血糖値が高くなると、血液中の余分なブドウ糖が尿へと漏れ出てしまいます。こういう状態が糖尿病なのです。

血糖値を下げ、糖尿病対策には「サラシアプラス」

アルギニンの期待効果

アルギニンは、アミノ酸の一種です。人体には様々なアミノ酸が必要不可欠といわれておりますが、アルギニンはそのアミノ酸の一種になります。
アミノ酸は基本的に必須アミノ酸と非必須アミノ酸の二つのタイプに分けられますが、
非必須アミノ酸に分類されます。
アルギニンに期待される効果は、血行の改善、活性酸素の除去があります。
血行の改善は、勃起不全そのものに大きな影響を与えるとされています。血流が不足すると勃起力が低下しますので、アルギニンには大きな期待ができます。
精子に関する効果も期待されております。精子が不足すると精力が不足するといわれています。アルギニンには、精力の数を増やす効果、動きを活発化させる能力があるとされていますので、精子関連にも役立つ可能性が指摘されています。
アルギニンには成長ホルモンの分泌を活性化させる能力もあるとされます。成長ホルモンが減少すると、疲労が取れないといった症状があらわれることもあり、精力にも大きく関わります。体力不足を感じたら、アルギニンの摂取をおすすめします。
精力剤と男性専用クリックの比較&ランキング