カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

中古車一括査定で業者比較

一括査定とは、中古車を売却する際に、いくつかの中古車業者、買い取り専門店、ディーラーなどを選び、これらの業者に対して、一括して自分が売りたい車の個人情報を提示して、同時期に査定してもらうことを言います。
一括査定方式のメリットは、いちいちインターネット検索で査定システムを探し回る手間が省けるので、中古車買い取り価格の相場を知りたい人の多くは、この一括査定を利用しています。
一括査定ができるインターネットシステムには、いくつかの業者が登録しています。その中から、自分の車を査定してほしい業者を選んで依頼します。中には、なんと1,000店のクルマ買取店から選ぶことができるサイトもあります。大手のサイトをひとつ選ぶだけでも、相当数の情報が集まることでしょう。
ここで注意したいのは、一括査定と言うのはあくまでも、そのサイトに登録している業者しか対象にすることができません。1,000店すべてで査定してもらえば十分すぎるぐらいではありますが、だいたいの場合は複数の一括査定サイトで査定してもらって、よりよく相場の適正額を知る人が多いようです。
また、一括査定を依頼すると、数社から電話からメールが殺到します。その数に驚くことなく冷静に対応して、口コミ情報などを参考にしながら、気持ちよく取引できそうな数社を選んで交渉に入りましょう。

「ズバット車買取比較」☆満足度61.2%と業界第一位♪

中古車売却時に必要な書類

車を売却する際には、いくつかの書類が必要となります。これらを事前に用意しておくことで、車の買取手続きはスムーズに行えます。
委任状や譲渡証明書などは、車買取業者で用意してくれることが普通ですが、念のため必要書類は事前に確認しておきましょう。
■実印
車を購入したときに使ったものです。車の買取の際には委任状、譲渡証明書の作成に必要となります。
■印鑑証明書
市区町村が証明する実印の登録証書です。有効期限があるため、発行日から3カ月以内のものが必要です。車の買取の際には委任状、譲渡証明書に実印を使用する為、実印の登録を証明するために必要となります。
■自動車検査証(車検証)
一般的には車室内保管にしてるものです。紛失した場合は管轄の運輸支局で再発行してもらう必要がありますので車買取業者に相談しましょう。
■自動車税納税証明書
毎年5月末までに納める自動車税の納税証明書です。これを納めていないと車を手放すことはできません。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらえますので車買取業者に相談しましょう。
■自賠責保険証
いわゆる強制保険とも呼ばれているものの加入証明書です。一般的には車検証と一緒に保管されています。この期限が過ぎていると車を手放すことはできません。紛失した場合は保険会社に再発行してもらう必要がありますので、車買取業者に相談しましょう。
■リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。こちらも車検証と一緒に保管されている可能性が高いものです。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから 『自動車ユーザー向け自動車リサイクル料金の預託状況』 を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。
中古車の車査定比較