カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

置き換えダイエットと睡眠障害

通常であれば、夜になると眠くなり、朝になると目が覚めます。しかし、置き換えダイエットをしていると、空腹で眠れないといった事が起きることがあります。睡眠の質が悪いと、せっかくダイエットしているのに、逆に代謝が悪くなり、太りやすく、痩せにくい身体になってしまいます。
睡眠に必要なのが「メラトニン」です。これは、人間の体内で自然に作られるホルモンです。
置き換えダイエットで不規則な生活をしていると、このメラトニンが正常に分泌されなくなり、夜眠り朝目覚めるという、正常な生活サイクルを狂わせてしまい、結果的に、睡眠障害になってしまいます。
例えば、まだ暗いのに目が覚めてしまう場合は、メラトニンが不足しているかもしれません。また、メラトニンは年齢とともに減少しますので、高齢者になるほど睡眠障害になる可能性が高くなります。
眠れないからといって、睡眠薬を飲むと、その副作用として依存性になることがあります。睡眠薬に頼らないと眠れない、次第に量を増やさなくてはいけない、効果の強いものに頼らなくてはいけない、などの副作用です。睡眠薬をたまに服用するのはしかたありませんが、睡眠薬に頼りきりになってしまうのはよくありません。
睡眠障害に陥らないためにも、満腹感を得られるダイエットし、適度な運動をすることによって、夜の睡眠をより快適なものにしてくれるでしょう。

日本盛「植物生まれの酵素」☆130種類以上の素材を使用の酵素サプリ!!

理想的なダイエットとは

ダイエットで最も一般な方法は、食事を1食抜いたり、あるいは、1回の食事において食べる量を減らすことではないでしょうか。
しかし、たとえダイエットで減量に成功しても、1年後には平均60%の人が、そ して5年後には、90%もの人が元の体重に戻ってしまうという調査結果もあります。
これが、いわゆるリバウンドです。短期間で痩せようとして極端な食事制限をしてしまうと、その分代謝も大きく低下します。
それに、ダイエットの成否にかかわらず「食べたいという欲求を抑えた」反動で、ダイエット後には、どうしても過食の傾向に陥りがちになります。
その結果、ダイエットを何度も試み、そのたびにリバウンドを繰り返し、結果的に、どんどん太りやすいカラダを作ってしまうという、最悪の循環を引き起こしてしまいます。
 リバウンドのない理想的なダイエットを成功させるには、「代謝」を高い状態に保ち続けることが何よりも大切なポイントになります。
そのためには、まず、筋肉を鍛えることが大切です。筋肉を鍛えるには、ダンベルなどの重りを使ったウェイトトレーニングが一般的ですが、筋肉が動く範囲(可動範囲)を大きくすることも有効な方法です。筋肉の可動範囲を広げるには、体を柔らかくするストレッチやヨガなどの運動が良いといわれています。

「ローカロ生活」は低カロリーのダイエット食品!!