バストの悩みと対処法

女性の美しさの象徴とも言えるのがバストですが、自分のバストに自信を持っている女性はそんなに多くありません。

バストの大きさや形、あるいは、バストトップの悩みなど、その悩みは人によって様々です。

一番多いのが、バストの大きさに関する悩みでしょう。「貧乳」「ぺちゃぱい」など、バストが人よりも小さいために、メリハリに欠ける、裸に自信が持てない、ファッションを楽しむことが出来ないなどの理由で悩むケースが多いようです。

その一方で、大きすぎることで、肩がこる、似合う洋服や下着が少ない、垂れる、運動しにくいなどの悩みを抱いている人も少なくありません。

胸が小さい場合は、女性ホルモンと似た働きを持つ「大豆イソフラボン」を豊富に含む大豆食品の摂取や乳腺マッサージなどがオススメです。

大きすぎるのが悩みの人は、ウォーキングやジョギングなど全身をつかう有酸素運動で、ダイエットを目指すのが効果的です。

次に多いのが「バストの形」に関する悩みで、左右で大きさが違う、垂れ下がっている、外向き、離れ乳などです。

バストの形を補正するためには、自分の体に合ったブラジャーをつけることが大切です。

バストの垂れを改善するためには、胸の前で両手を合わせるお祈りポーズをしたまま、両手に力を入れるエクササイズなどで、バストを支える筋肉を鍛えるのが効果的です。

外向き乳や離れ乳は、睡眠中の姿勢に原因がある場合も多いので、睡眠中でも、無理なくバストの形を補正してくれる「ナイトブラ」の着用がオススメです。

乳首が黒いといったバストトップの色の悩みは、「ハイドロキノン」や「ルミキシルペプチド」などの美白効果のある美容液やクリームでケアを行うことをオススメします。

バストアップで【貧乳& ぺちゃぱい】を克服して女の魅力をUP!!!

ネット婚活のススメ

結婚相手を探したい、でもなかなか相手が見つからない。

こんな時はネット婚活の利用も考えてみましょう。ネットを通じて行うため全国から相手を探すことができ、それだけ、出会いのチャンスが増えることになります。

しかし、婚活サイトを利用することに抵抗を感じている人もいますが、これは、もう若くないからとか、どうせ相手が見つかるはずがないと思い込んで、利用を諦めているのでしょう。

特に、男性も女性も40代を過ぎてしまうと、婚活サイトを使っても相手が見つからないのでは?という気持ちが強くなりはじめるようです。

しかし、そこれは、あくまでも想像にすぎません。実際には、何歳であろうとも、ネット婚活にはたくさんのチャンスがあるのです。

結婚適齢期というのは確かにあります。20代や30代の人と、40代、50代、あるいは、60代の人とを比べれば、当然、前者の方が結婚相手は早く見つかることでしょう。

しかし、これは、飽くまでも一般論であり、あなたがそれに該当するとは限りません。ネット婚活を始めるためには、サイト選びが重要です!

世の中にはたくさんの婚活サイトがあり、年齢層が高めの登録者が多い婚活サイトもありますので、どうしても年齢が気になるのであれば、同世代の利用者が多いサイトを探して登録するのも良いでしょう。

ただし、若い相手と結婚したいのであれば、同世代だけでなく、幅広い世代が利用している婚活サイトを選んだ方が、相手を探しやすくなりますので、理想的な相手を見つけやすいサイトを選ぶことが大切です。

「マッチ・ドットコム」は【世界最大級】の真剣な出会いを求める婚活サイトです。

防災グッズは4種類を準備

防災グッズは、状況に応じて、緊急時用グッズ、非常用持ち出し袋、備蓄品(被災後3日間用)、備蓄品(大規模災害用)の4種類を準備するのが基本です。

■緊急用グッズ
災害発生直後にまず必要となる物を詰め込んだグッズで、懐中電灯(スマホ)、手袋、折り畳み式スリッパ、ホイッスル、救急セット、メガネ、常用薬、携帯用ポーチなどがあります。
災害発生時に迷わず手を伸ばせるように、常に手の届く範囲に置いておくことが大切です。就寝時は枕元、入浴時は防水ケースに入れて浴槽の近く、外出時はカバンの中など置く場所を決めておくことが大切です。

■非常用持ち出し袋
自分や家族の安全を確保しながら避難するために必要な防災グッズを入れておく袋です。
水・非常食、ヘルメット、雨具、手袋、マスク、ヘッドライト、ハザードマップ・周辺地図、スマホ・モバイルバッテリー、充電器・充電池、携帯ラジオ、救急セット、レジ袋(ビニール袋)、下着、携帯式トイレ、身分証明書、緊急連絡先、貴重品、緊急時用ポーチ、リュックサックなどかあります。
家族全員が出入りできて簡単に取り出せる玄関の靴箱の上やリビングなどに置いておきます。
また、重すぎて持ち出せないと意味がないので、家族の誰でも無理なく持ち出せる重さにしておくことが大切です。

■備蓄品(被災後3日間用)
災害発生後、避難者支援が本格化するまでの72時間(3日間)を、生き残るために準備する備蓄品です。
避難時に余裕がある時のみ持ち出し、余裕がない時は、無理に持ち出そうとせず避難を優先させましょう。

水・食料、下着の着替え、折り畳み式水タンク、日用品、衛生グッズ、携帯式トイレ、キャリーケースなどで、非常用持ち出し袋と同じ場所に置いておくと持ち出しが容易になりますが、かさばるようであれば、高温にならないクローゼットなどにしまっておきましょう。

■備蓄品(大規模災害用)

東日本大震災のような大規模な災害によって深刻な被害が発生したため、3日間を経過しても支援が本格化しない場合を想定して準備しておく防災グッズです。

避難時に持ち出すことは想定していないため、普段は高温にならないクローゼットなどに収納しておきます。
1週間分以上の水と食料、携帯式トイレ、非常用発電機、カセットコンロなどがあります。

「防災セット」なら【アットレスキュー】or【ディフェンドフューチャー】