ヒアルロン酸による目の下のくま・たるみの治療

手術は下まぶたを切開して行うため、手術の痕が残る可能性があることから、出来るだけ手術をすることなく治療をしたい。
そんな方には、脂肪のふくらみがない「黒くま」と呼ばれるタイプのものであれば、手術をせずにヒアルロン酸を注入して治療をすることが可能です。

これは、目の下のふくらみに、黒い影ができるものですが、くぼんでいることによって影ができるケースもあります。

この、くぼんだタイプの黒くまの場合だと、ヒアルロン酸を注入してボリュームを与えると、くまやたるみが気にならなくなる可能性があります。

ヒアルロン酸の他には、脂肪を注入する方法もあります。これは、ヒアルロン酸注入よりも持続期間の長いのが特徴です。

また、ヒアルロン酸を皮膚のすぐ下に注入して肌を持ち上げることによって、シワやたるを目立たなくすることも出来ます。

元々、ヒアルロン酸は皮膚や関節に存在している成分なので、体になじみやすいのです。

このような治療を自分で行うと、症状が悪化する恐れがありますので、医師に相談して行いましょう。

「アイキララ」で目の下のクスミやクマ対策♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中