低速ジューサーのメリットとデメリット

低速回転式は、搾汁時の空気混入が少ないので、酸化や分離がしにくいというメリットがあります。
そして、搾る時に素材にストレスがかからないためなのか、素材が本来持っている、旨みや甘みをより感じることができます。
野菜のエグ味も気になりませんし、食材を細かく切り刻んでいくミキサーと異なり、搾りカスと水分に分離させるジューサーは繊維質がしっかりと取り除かれるため、サラッとしていて飲みやすいのが特長です。
さらに、栄養素の摂取という点でも、高速回転式より低速回転式のほうが優れております。自分でジュースを作って飲もうという人は、美容と健康意識が高い人だと思います。それなら、より栄養素が豊富に摂取できるという低速回転式のほうが、断然、良いに決まってますよね。
低速と謳っているだけあって、高速式にくらべ、遅いことは間違いありません。しかし、これは製品によって回転数も異なりますし、どの程度を遅いと感じるかは人それぞれでしょうが、ただ、高速式に慣れてしまっている人にとっては、本当に遅いな!!と感じることになるでしょうが・・・・・まあ、美容と健康のためには、これぐらいはガマン、ガマンといったところでしょうか。

クビンス低速ジューサーは【栄養豊富で濃厚】な美味しいジュースが作れます。