不妊症とは

「産みたいのに子供ができない」「いつになったら子供ができるんだろう」と、なかなか子供ができないとしたら、「不妊症」という言葉を思い浮かべるかも知れません。
日本では10組に1組の割合で不妊に悩むカップルがいるといわれていますが、自分が不妊症であるのか、もし、不妊症ならどうすれば良いのか、こうしたことが分からないまま、無為に過ごしていると、年齢を重ねるにしたがって妊娠の可能性が低下していき、後で、後悔することになりかねません。
不妊について正しく知らないまま過ごし、後で後悔するのは嫌ですよね。不妊は自分だけでなく、夫婦のライフスタイルに大きくかかわることなので、自分の人生についてもう一度考えながら、不妊についてきちんと知っておく必要があります。
まず、不妊症は病気ではなく 症候群です。症候群というのは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉です。
つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」と言います。夫の側に原因がある場合もありますが、ともかく一般的には「妊娠を希望している夫婦が2年以上避妊を行わずに一般的な夫婦生活を送っていても子どもができない状態」を不妊症と定義しております。

【妊活】北村恵実子の「アキュモード式不妊症改善セルフケア」で妊娠力UP♪

広告

理想的な布団の条件

理想的な布団とは、身体からでた汗を素早く吸収・発散することができ、常に適正な寝姿勢とスムーズな寝返り、「深い眠り」につきやすい環境を持続させることができる布団です。
また、腰部が沈み込まないように硬過ぎず軟らか過ぎない支持性の高いマットレスの上に、保温・吸湿・発散性に優れている天然素材の敷き布団と掛け布団を使用するのが理想的です。
中には、ポリエステルやボアシーツ、アクリル毛布などの化学繊維の布団をじかに使用している人がおりますが、肩こりや腰痛で悩んではいませんか。
ポリエステルやボア、アクリルなどの化学繊維の布団は、布団にとって最も重要な吸湿性もしくは発散性がほとんどありません。汗を布団が吸い取ってくれないと、その汗は逆流して肌に戻り、疲労を回復出来ず翌日に持ち越すどころか、どんどんと蓄積してしまって、結果的に、寝起きが悪くなったり居眠りやダルい一日を過ごすことになってしまいます。
また、吸収しきれなかった汗で蒸れてしまい、身体が冷え血流が悪くなり、疲労物質がたまって、肩こりや腰痛の原因となるのです。
ですので、少なくとも肌にじかに使う布団は化学繊維ではないものを選びましょう。やはり布団は、薬品・樹脂を一切使用していない天然素材が一番です。中でも、ひときわ優れているのが動物繊維で、特に、水鳥の産毛は、必要な機能をすべて満たしている理想の掛け素材です。

アレルギーや冷え性対策には「陽だまりの休息」