カメラの整備記録は大切です

長年愛用してきたカメラを売却する時に、二束三文で買いたたかれてしまう事があります。
特にカメラと言えばデジタルスチルカメラが一般的になった今となっては、フィルムカメラを買取に出すと、売却どころか、逆に処分代を請求されるような事態になりかねません。
そうゆう事態にならないためには、フィルムカメラは事前に整備してから買取に出しましょう。デジタルスチルカメラと違って、フィルムカメラは心臓部を交換する事が出来るため、常に最新の写りを提供してくれますので、よく手入れされ確実に動作するカメラは高い相場になる事が多いのです。
しかし、自分で、このカメラはしっかりと動作していると自負していても、確実に動作することを証明するものが無ければ、いつ故障するかわかりませんので、それを証明できる物、つまりカメラ店の整備記録の有無がカメラの買取相場に大きく響いてきます。多少傷があってもしっかり整備し、動作している整備記録付きカメラの方であれば、買取相場は高い事が多いのです。

カメラデイズは【送料・手数料無料】でカメラを高価買取いたします♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中