体臭の原因

■臭いのもとは汗と皮脂と雑菌です。
皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、時間が経って皮膚常在菌が作用することにより、これらに含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイのするガス(揮発性成分)を発するようになるのです。このため、汗をかいた後、汗臭くなるのです。
特に、日頃から汗をかかない生活を続けていると、汗がベタベタになり雑菌が繁殖しやすくなり、いわゆる「汗臭い」状態になります。また、ストレスも、活性酸素を発生させやすいので、過酸化脂質をつくり それが臭い物質を発生させる原因となります。
■体の洗い過ぎ
人間の体は洗い落とされた脂分を補なうべく、過剰に皮脂を分泌するため、それが匂いや体臭の原因となります。例えば、体がベトベトしているからといって、ボディータオル等で身体を洗う時に強くこすったり、洗浄力の強いボディーソープなどを使ったりすると、身体に必要な皮脂が奪われて肌が乾燥してしまい、体臭がキツくなってしまう原因となってしまいます。
■疲労の溜まり
健康な状態で出る汗と、疲労した時の汗とでは、汗の成分が変化します。分泌物は汗だけではなく皮脂などもあります。これらの分泌物の成分が疲労すると変化するのです。
すなわち、疲れが溜まっていると肝機能が弱まり、血液中のアンモニア量が増えてしまい、それによって、皮膚からアンモニア臭が発生しることがあります。これを「疲労臭」と言い、体から、臭いを放ちます。
■肉中心の食生活
日本人の食生活は、野菜中心の食生活から欧米化し肉食中心となったことで、日本人は体臭が強くなったと言われています。
脂質の多い食生活を続けていると、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり体臭が強まるのです。

「いい快互服ドットコム」で体臭の悩みを解消♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中