置き換えダイエットと睡眠障害

通常であれば、夜になると眠くなり、朝になると目が覚めます。しかし、置き換えダイエットをしていると、空腹で眠れないといった事が起きることがあります。睡眠の質が悪いと、せっかくダイエットしているのに、逆に代謝が悪くなり、太りやすく、痩せにくい身体になってしまいます。
睡眠に必要なのが「メラトニン」です。これは、人間の体内で自然に作られるホルモンです。
置き換えダイエットで不規則な生活をしていると、このメラトニンが正常に分泌されなくなり、夜眠り朝目覚めるという、正常な生活サイクルを狂わせてしまい、結果的に、睡眠障害になってしまいます。
例えば、まだ暗いのに目が覚めてしまう場合は、メラトニンが不足しているかもしれません。また、メラトニンは年齢とともに減少しますので、高齢者になるほど睡眠障害になる可能性が高くなります。
眠れないからといって、睡眠薬を飲むと、その副作用として依存性になることがあります。睡眠薬に頼らないと眠れない、次第に量を増やさなくてはいけない、効果の強いものに頼らなくてはいけない、などの副作用です。睡眠薬をたまに服用するのはしかたありませんが、睡眠薬に頼りきりになってしまうのはよくありません。
睡眠障害に陥らないためにも、満腹感を得られるダイエットし、適度な運動をすることによって、夜の睡眠をより快適なものにしてくれるでしょう。

日本盛「植物生まれの酵素」☆130種類以上の素材を使用の酵素サプリ!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中