「内服」による脱毛症の治療

髪の毛の特性
髪の毛は、抗癌剤を投与された人は、直ぐに脱毛してしまいますが、治療が終了してしばらくすれば、またもとの状態にもどります。このように、髪の毛はストレスに非常に弱い臓器でありますが、再生能力も非常にすぐれた臓器でもあります。
性ホルモン
一般的に、男性ホルモンが多いと毛の量が多くなり、女性ホルモンが多いと毛の量は少なくなります。しかし、頭頂部 (頭のてっぺん付近)の毛については、体の毛は濃いにもかかわらず、頭頂部だけ毛の薄い人も多く見かけます。これは、頭頂部にも男性ホルモンは分泌されているにもかかわらず、その部分の毛のホルモンレセプターが反応しなくなっているためと言われており、そのメカニズムについては不明です。
このように、ホルモンの問題として抜け毛をとらえてみると、女性・男性ホルモンだけで、髪の毛をもとに戻すことは不可能なのです。
育毛剤や育毛を目的としたものは、作用で分類すると以下の5つに分けることができます。
• 男性ホルモンの働きを抑制する
• 頭皮の血液循環を改善する
• 毛母細胞を活性化する
• 傷んだ頭皮を改善する
• 体内の発毛環境を整える
育毛剤等の育毛商品は、これらの一つの役割を持たしているか、いくつかを組み合わせることによって特徴を持たせています。
「内服」する育毛剤
頭頂部の脱毛や薄毛に悩む男性におすすめです。臨床実験の結果、70%もの男性に効果が見られ、3ヶ月ほどで効果が現れているようです。

「ダブルインパクト」は【IGF-1】理論による育毛サプリです♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中