食材宅配サービスのデメリット

食材宅配サービスは、インターネットで好きな時間に注文できる。仕事で忙しかったり、小さな子供がいるために買い物にいけない場合に便利だ。買い物に行く時間を省け、余った時間で他のことが出来る。決まった時間帯に宅配してくれる(但し、例外もありますが)。不在時でも専用の保冷ボックスなどに食品を入れてくれたり、配達の時間指定ができる場合が多いので、昼間不在のご家庭でも利用できる。飲料水やお米などの重い荷物や大きな荷物なども運ばなくてもよいなどと言った様々なメリットがあり、それそそれで、とても便利なサービスですので、今では、日本全国でももかなり浸透し、利用者も増えてきていますが、食材宅配サービスならではの避けられないデメリットもあります。
それは、近所のスーパーで買うよりも割高の場合が多い上に、送料(宅配手数料)がかかる場合があるため、スーパーヤや八百屋などで直接購入するよりも高くつきます。
また、注文後、配達されるまでに数日かかるため、今すぐに必要なものを入手することは出来ません。また、中には、セット注文などでなければ注文できない場合がありますので、不要なモノや量の購入を余儀なくされる場合があります。
会員制の食材宅配サービスだと、入会金・年会費がかかる場合があります。そして、1つの食材宅配サービスだけで、日常生活で必要になるすべての買い物ができるわけではないので、食材宅配サービスに依存する割合が高いほど複数加入する必要があります。その他、メニュー(献立)がある程度の周期でパターン化する。食材宅配サービスによっては、賞味期限の問題などで利用できない地域があることも知っておく必要があるでしょう。
食材・食品宅配サービスの「大地を守る会」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中