タフなカツオで疲労回復をサポート

魚の中でも最速で泳ぐといわれるカツオは、春先になると南から北上しながら旬を迎えます。
そのカツオは、寝ているときも速度は落としてはいるものの、そのまま泳ぎ続ける、疲れ知らずのタフな魚です。そんなカツオやカツオだしは、昔から滋養強壮に役立つ食べ物とされています。そして、カツオに含まれる様々な成分が化学的にも注目されています。
カツオには、初カツオと秋に南下する脂ののったもどりカツオがありますが、初カツオと、もどりカツオの栄養価を比べる、タンパク質は ほぼ同じですが、脂質は0.5gと、6.2gと10倍も異なり、カロリーも50kcalほど初カツオが少なめです。
カツオは、良質のタンパク源であり、特に血合いにはビタミンB1や、ビタミンB6、B12、ナイアシンなどのB群、鉄分などのミネラル類を多く含んでいます。
ビタミンB群は、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるためには欠かせない栄養素です。
また、カツオのたたきなどによく使われるタマネギやニンニクには硫化アリルが含まれ、ビタミンB1の吸収を促します。味だけでなく栄養面でもよいとりあわせです。
他にも血行をよくするEPAや脳の働きを活性化すると言われるDHAなどの不飽和脂肪酸、血圧や血中コレステロールの低下作用で知られるタウリンなどが含まれています。
さらに、近年は、カツオなどに含まれるアミノ酸の一種「アンセリン」に、疲労を軽減する効果や、抗酸化作用が強く活性酸素を除去する、血中の尿酸値を低下してくれる作用なども報告されています。
がある
クラチャイダムゴールド

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中