美味しい茹でカニの見分け方

カニは決して安いものではありませんので、どうせ食べるなら美味しいカニを食べたいものですよね。そのためには、以下の点に注意して選びましょう。
■色やツヤの良いもの
カニは茹でると赤く染まります。この赤色が鮮やかなものを選びましょう。なんとなく焦げ茶色っぽくなっていて発色の良くないカニは、鮮度が落ちている可能性が高いので注意が必要です。
■重量感のあるもの
自分の手で持って、重量感を感じられるものの方が、身がしっかり締まり、詰まっていて、カニミソもたくさん詰まっています。但しお店の人に一言、断ってから持ち上げましょう。万が一断られたら、そのお店は商品に自信が無い証かもしれません。
また、ただ持ち上げるときは慎重に。脚が1本でも折れたら商品価値が無くなってしまいますので、丁寧に取り扱いましょう。
■甲羅や脚が、柔らかくなく硬いもの
蟹は成長の段階で脱皮します。脱皮後の蟹は、甲羅が硬くなく、柔らかいものです。脱皮直後は甲羅が防御の役目を果たさないので、蟹は積極的に食料を調達しなくなります。これは、生物に捕食されるリスクを避けるためです。
このため、脱皮後の蟹は、甲羅の成長に力を注ぐため、肝心の身の方が痩せてしまいます。蟹の脚を指でつまんでプニプニするようなら避けた方が無難です。
逆に、甲羅が硬い蟹は、脱皮してから長く生きてきた証なので、身がよく締まり、たくさん詰まっています。特に甲羅にフジツボなどがついているような、汚い甲羅の蟹が実は美味しいのです。
■不快な臭いのしないもの
蟹を手に取り、カニのお腹の匂いを嗅いでみてください。ほんのりとカニの匂いがするのは質の良い蟹です。新鮮な蟹は、蟹臭く無いんです。逆に変な臭いや、腐敗臭がしたら、鮮度が落ちている証拠です。
■腹部が白いカニは、カニミソが良質です。
基本的に蟹のお腹は白っぽく黄ばんでいますが、それが黒ずんでる場合は注意が必要です。茹でが甘い場合、蟹味噌が固まっておらず、お腹の細胞に味噌が染み出てきてしまっている証拠です。このような場合、身に味噌の脂分が浸透してしまって美味しくありませんし、味噌の量自体も少なくなり、鮮度も低下し易くなっていますので要注意です。
■蟹の甲羅が乾いていない
他のカニと比べて、色やツヤが良くても、甲羅が乾いているものは、茹で方が上手でない場合があります。特にスーパーやデパートで茹でられたものの場合、専門の人が茹でているわけではないので、茹で過ぎてしまっていることがあります。
茹で過ぎると塩辛く、また茹でが足らないと蟹味噌が固まらず、身のプリプリ感や甘みが落ちます。茹でが足らない場合、脚を軽くつまむと、蟹汁がダラダラと出てくる場合があります。きちんと茹でられた場合は、このような汁は出ませんので、しっかりとチェックしましょう。
北国からの贈り物は、人気No1の【カニ通販】です☆格安の「訳あり」カニもお勧め♪

広告

タフなカツオで疲労回復をサポート

魚の中でも最速で泳ぐといわれるカツオは、春先になると南から北上しながら旬を迎えます。
そのカツオは、寝ているときも速度は落としてはいるものの、そのまま泳ぎ続ける、疲れ知らずのタフな魚です。そんなカツオやカツオだしは、昔から滋養強壮に役立つ食べ物とされています。そして、カツオに含まれる様々な成分が化学的にも注目されています。
カツオには、初カツオと秋に南下する脂ののったもどりカツオがありますが、初カツオと、もどりカツオの栄養価を比べる、タンパク質は ほぼ同じですが、脂質は0.5gと、6.2gと10倍も異なり、カロリーも50kcalほど初カツオが少なめです。
カツオは、良質のタンパク源であり、特に血合いにはビタミンB1や、ビタミンB6、B12、ナイアシンなどのB群、鉄分などのミネラル類を多く含んでいます。
ビタミンB群は、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるためには欠かせない栄養素です。
また、カツオのたたきなどによく使われるタマネギやニンニクには硫化アリルが含まれ、ビタミンB1の吸収を促します。味だけでなく栄養面でもよいとりあわせです。
他にも血行をよくするEPAや脳の働きを活性化すると言われるDHAなどの不飽和脂肪酸、血圧や血中コレステロールの低下作用で知られるタウリンなどが含まれています。
さらに、近年は、カツオなどに含まれるアミノ酸の一種「アンセリン」に、疲労を軽減する効果や、抗酸化作用が強く活性酸素を除去する、血中の尿酸値を低下してくれる作用なども報告されています。
がある
クラチャイダムゴールド

アルギニンの期待効果

アルギニンは、アミノ酸の一種です。人体には様々なアミノ酸が必要不可欠といわれておりますが、アルギニンはそのアミノ酸の一種になります。
アミノ酸は基本的に必須アミノ酸と非必須アミノ酸の二つのタイプに分けられますが、
非必須アミノ酸に分類されます。
アルギニンに期待される効果は、血行の改善、活性酸素の除去があります。
血行の改善は、勃起不全そのものに大きな影響を与えるとされています。血流が不足すると勃起力が低下しますので、アルギニンには大きな期待ができます。
精子に関する効果も期待されております。精子が不足すると精力が不足するといわれています。アルギニンには、精力の数を増やす効果、動きを活発化させる能力があるとされていますので、精子関連にも役立つ可能性が指摘されています。
アルギニンには成長ホルモンの分泌を活性化させる能力もあるとされます。成長ホルモンが減少すると、疲労が取れないといった症状があらわれることもあり、精力にも大きく関わります。体力不足を感じたら、アルギニンの摂取をおすすめします。
精力剤と男性専用クリックの比較&ランキング

美肌の為の正しい洗顔法 

美肌を保つためには、毛穴を清潔にすることがとても大切です。そして、毛穴をきれいな状態で保つには、洗顔の仕方を間違えないことが必要です。誤った顔の洗い方をすると、新たに肌荒ケアをしなければならなくなります。
このため、汚れだけを落として、肌に必要な成分まで流さないようにするのが美肌効果を得るためには大切です。
逆に、汚れと一緒に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、しわが増えやすい乾燥肌へと変化してしまいます。
肌がずっと乾燥しっぱなしの状態では、潤いを補う目的で皮脂が活発に分泌を始めます。それによって、吹き出物やニキビに悩まされるようになります。
美肌を作るには、皮脂バランスを崩さないような洗顔術を身につけてください。特に、メイクをすることの多い女性は洗顔前にクレンジングをする必要があります。
最初に行うクレンジングには、肌表面のメイク汚れを落とす効果があります。その次に洗顔をすることで、その他の汚れを落とします。
ダラダラと洗顔をしたり、力加減を間違った洗顔は肌に悪い影響を与えるので、避けた方がよいでしょう。
一日の終わりに顔を洗う時は、昼間の汚れを落とすために、洗顔石鹸を使ってしっかり清潔にすることが大切です。
しかし、起床後に顔を洗うときは石けんを使わなくても大丈夫です。洗顔石鹸を朝にまで使用すると、肌に必要な分の皮脂まで流してしまうのです。
すすぎさえすれば、それなりに汚れは流れるので、起床時はぬるま湯で流すだけでも汚れは落ちるでしょう。
ぬるま湯のすすぎを初めに済ませて石鹸を泡立ててソフトに洗ったら、終わりにぬるめのお湯ですすぎます。
擦り過ぎることで美肌効果がなくなるので、洗顔後にタオルで水気を拭き取るなら、適度な力加減で押さえるように拭いていきましょう。
「ホワイトニングリフトケアジェル」でシミなどの肌の悩みを解決♪